毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

老後を迎えるために大切なこと。経済ジャーナリストの荻原博子さんのアドバイスが心に残ったこと。

      2017/10/15

good ideaできる限り楽しく老後生活を過ごしたいと私は考えています。
経済ジャーナリストの荻原博子さんの記載が「プレジデント」に掲載されていました。
私自身が参考になりましたので、その内容をお伝えします。

老後を迎えて問題になること

老後を迎えて問題になることがあります。
それは、普段から夫婦で話し合う習慣がない場合です。

子育て期間中は、子供が共通の話題。
しかし、子供の手が離れたら、めっきり会話が少なくなったというケースをよく見かけるのです。

夫が家でゴロゴロされて、妻にとってはうっとうしい。
妻の小言に夫は嫌気がさします。

そのような老後にならないためにも、夫の定年までに夫婦が互いに歩み寄れる下地をつくっておくことが大切なのです。

老後を迎える前に夫が取り組むこと

老後を迎える前に夫が取り組むことがあります。

それは夫が家事を手伝うことです。
家事は老後の人生にとても大切なことなのです。

家事ができれば妻が寝込んだり、先立たれても暮していくことができます。

そして、何よりも妻の苦労を知ることができるのです。

スポンサーリンク

家事の中でも料理がおすすめです。

家事の中でも料理がおすすめです。

料理は頭と体、五感を使います。
献立を考える時に頭を使い、散歩がてらに買い物にも行きます。
調理は手先や味覚の訓練にもなります。

ボケ防止や健康にいいことばかりですので、無駄な医療費を抑えることも可能です。

そして、出来上った料理を妻や友人にふるまえば、感謝されたり褒められたりもします。
料理ひとつで老後の人生が明るくなるのです。

老後を迎える前に妻が取り組むこと。

老後を迎える前に妻が取り組むこととは、外で働くことです。
体が弱い人には強要はできません。

しかし、可能であれば自分でお金を稼ぐことを経験したほうが良いと思います。

妻が働くことにより、家計の助けにもなります。
そして、何よりも夫の苦労を知ることができるのです。

家でどうしようもない夫を見直す可能性がでてくると考えています。

スポンサーリンク

老後を楽しく迎えるために必要なこと

楽しい老後を迎えるためには、現役時代からのちょっとした努力が必要です。
相方の立場を理解すれば、お互いの溝を埋めることが可能になると考えています。

できる限り夫は家事を、妻は仕事を。

相手を思いやる心をお互いに持つと、楽しい老後を迎えられると思います。
そのためには、日頃のちょっとした心遣いが大切だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 老後