毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

下流老人にならないための対策。老後で後悔しないために知っておくべきこと。

      2016/10/22

お金10最近は、「老後にお金がない」という下流老人という言葉をよく耳にします。
下流老人にならないためには、2つのことが重要です。

1 老後になっても収入を確保する。
2 支出を管理して無駄遣いを減らす。

1と2の両方ができることにより、下流老人になるリスクを避けることが可能だと思います。

スポンサーリンク

老後の収入源とは

内閣府から発表された「第8回 高齢書の生活と認識に関する国際比較調査」によると、世代別の収入源についての調査が記載。
表にまとめましたので、下記の資料をご覧下さい。
老後の主な収入源

60代までは、就労による収入の割合が多いと思います。
しかしながら、70代以降は、公的年金による収入が8割以上。

70歳以上の人は、年金に頼らなくてはいけない生活なのです。

60代までが勝負です。

資料を考察すると、60代までは仕事による収入確保が可能だと思います。
しかしながら、70代になると就労による収入が激減。

おそらく70歳以上になると、体力的な問題や、病気のリスクも高く、仕事による収入を確保するのが難しくなると考えられるのです。

それゆえに、60代までに、老後になっても困らないお金を確保する必要があると私は考えています。

スポンサーリンク

下流老人に転落しないためには

下流老人に転落しないためには、早い時期からお金を貯める習慣を身につけることが大切です。

無駄なモノにはお金を使わない。
必要なモノだけにお金を使う。
衝動買いをなくすと、お金が貯まりやすくなると考えています。

また、病気にならないように体調管理。
節制した生活を送ることにより、下流老人に転落するリスクを減らすことができると思っています。

日頃の意識により、老後になってもお金に困らない生活を手に入れることができると私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 下流老人