毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

下流老人にならない方法。おじいちゃんのアドバイス。考え方が変わりました。

      2017/10/11

家計簿下流老人という言葉を私は知りませんでした。
下流老人とは、年金生活で暮らせなくなってしまう人のことということです。

スポンサーリンク

下流老人と無縁のおじいちゃんとは

私には、15年間お世話になっている大先輩がいます。
その大先輩は、ある大手企業で働いていました。
能力が大変高い人で、高給取りでした。

現在、70歳のおじいちゃん。
一人暮らし。
東京都立川市に住んでいます。

今回、諸事情で引越しをしなくてはいけなくなったということ。
そのおじいちゃんは半年以上をかけて、新居先を探しました。

そして、そのおじいちゃんが選んだアパートは2DK。
立川駅からバスで7分。バス停から徒歩3分。
駐車場付き。
家賃は、68,000円。

通常であれば、そのあたりのアパートは駐車場込みで80,000円~95,000円。
大変お安い物件です。

おじいちゃんの生活雑貨の品物とは

私は、そのおじいちゃんの新居にはじめておじゃましました。
そのおじいちゃんは私に教えてくれました。

タンスは、7,000円
電子レンジは4,500円
食器棚は1,000円
机は1,000円
バソコンのプリンターは500円
パソコンの外付けHDDは500円
ゴルフのドライバーは500円

家の中の品物の8割以上は、リサイクルショップで購入しているということです。
そして、購入前には値引交渉。

倹約家なので大型の出費がありません。
そのおじいちゃんは、お金がかからない生活が可能ということ。
下流老人とは無縁です。

スポンサーリンク

倹約生活で最も重要なことがあります。

倹約生活で最も重要なことがあります。
そのおじいちゃんは、リサイクルショップで、必要な品物を見つけることを楽しんでいる。
全く無理をして節約をしていないのです。

そのような生活習慣が身についているので、そのおじいちゃんは、退職金を一切使っておりません。
そして、年金を受給していますが、収支が毎月プラスになっているということ。

私は、品物が壊れたら、新製品を購入しようという気持ちがありました。
今後は、無理のない範囲で、リサイクルショップを有効に活用するのも大事だと感じました。

私は、このおじいちゃんの生活が、下流老人にならないヒントでないかと思っています。
そして、今から、無理なく節約に励んで、少しずつ貯金を増やしたいと思います。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 下流老人