毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

下流老人になってしまった人。シニア世代の厳しい現実。

      2016/10/22

お金10お金がなくて苦しんでいる人がいます。
特に老後になると、お金の対策が難しいと思っています。

河北新報さんの「生活費の切り詰めの限界」という記事を読みました。
その内容をお伝えします。

お金がないおばあちゃん。

宮城県仙台市に在住の84歳のおばあちゃん。
築50年の風呂なし2DKに30年近く住んでいます。

そのおばあちゃんは、夫を30歳の頃に亡くし、女手一つで育てた息子と娘を育てました。

スポンサーリンク

厳しい現実とは

収入は月9万円の年金のみ。
家賃や公共料金を払うと、手元に残るのは約7万円。

長年続いた低所得者向けの家賃減免制度が廃止。
家賃は2013年度までゼロだったが段階的に引き上げられ、4月に規定の8000円に戻ったということ。

ぜいたくな暮らしとは無縁。
仕事を辞めてから20年以上、洋服も買っていません。

ぎりぎりまで生活を切り詰めているが、お金は全く貯まらないということです。

現在の日本の社会は、お金がないと、非常に厳しい現実が待ち受けていると思います。

スポンサーリンク

早くからの老後対策が必要です。

日本の将来はさらに厳しくなると思います。

●少子高齢化により人口減少。
●現役世代の減少により、医療費の増加
●年金の受給年齢の引き上げと支給額の減少。

それゆえに、なるべく早くお金の対策が必要です。
お金は急には貯まりません。

若い時からお金の勉強をすることにより、お金の知識が深まります。

●収入を増やす
●支出を減らす
●投資をする。

お金の特技を増やすと、貯金体質になることが可能だと私は考えています。

私自身も、毎日少しずつ節約術を磨いています。
そして、少しずつですが貯金を増やして、老後に備えています。
老後に困らないためには、なるべく早くのお金の備えが必要だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 下流老人