毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

病気のリスクを減らす秘訣。お医者さんのアドバイスが参考になったこと。

      2017/10/17

「胃」は全身の健康に深く関わっている重要な臓器ということです。
そのため、胃が強くきれいな人は病気になりにくく、長生きできるということなのです。

日刊ゲンダイさんの「病気せず長生きのために 胃を強くきれいにする5つの方法」の記事が参考になりましたのでお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

胃は重要な臓器です。

日本消化器病学会専門医の江田証氏(江田クリニック院長)は、胃の重要性について話しています。

胃が老化して薄くペラペラになり、弱ってしまうと、がん、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、アルツハイマー型認知症、骨粗鬆症、鉄欠乏性貧血、糖尿病といったさまざまな病気にかかりやすくなるのです。
胃が弱って不調を来す原因は、『動きが悪い』『膨らみが悪い』『炎症がある』という3つに大きく分けられます。

この3つを改善するための対策を講じれば、強くてきれいな胃を手に入れることができるということなのです。

胃を強くきれいにするにはどのようにすればよいのでしょうか?

1 寝る前に食べない→動き

胃は「空腹時」に運動して、胃の中を大掃除しています。
摂取した食物の食べカスや剥がれ落ちた細胞を十二指腸へ一気に押し流すのです。
そして、空腹が長時間続く就寝時に活発に掃除を行っているのです。

寝る前に食べると細かな食後の運動が続き、空腹時運動に移れません。
胃の中にずっと食物がたまっている状態が続いてしまうのです。

食物が胃から十二指腸に送られるまで、およそ2~3時間かかります。
ただ、栄養素によって違いがあり、同じカロリーであれば、タンパク質がいちばん早く送られ、次は炭水化物で、最も時間がかかるのが脂肪なのです。

タンパク質の半熟卵は1時間30分
炭水化物である米は2時間
パンは2時間45分
脂肪分が多いステーキは4時間15分

夕食は脂肪分を控え、遅くとも2時間前までに終えるのが理想ということなのです。

2 朝食を食べる→動き

朝食を1週間とらないと、空腹時の運動(胃の大掃除)が弱まるという報告があります。
その後、朝食を再開しても、1週間は元の状態に戻らないこともわかっているのです。

それゆえに、胃を効率的に動かすためには、朝食を食べることが大切なのです。

3 ストレスを解消する→膨らみ

健康な胃は、食物が入ってくると天井部分が大きく膨らんで食物がたまるスペースをつくります。
しかし、膨らみが悪い人はすぐに満腹になってしまい、悪化すると何も食べられなくなる摂食障害を起こすケースもあるのです。

また、摂取した食物が胃にためられないため急激に十二指腸に送られてしまいます。
すると、十二指腸は食物を逆流させる「十二指腸ブレーキ」をかけ、胃の中に食物が停滞していきます。
これが、「胃もたれ」や「胃が重い」という状態なのです。

ちなみに、胃の膨らみを悪化させる大きな原因がストレスなのです。
ストレスがかかると、脳の視床下部から『CRF』というホルモンが分泌されます。
CRFには胃の運動機能を抑え込む作用があるのです。

それゆえに、できる限りストレスを溜めこまない生活を心掛けることが大切ということなのです。

4 ピロリ菌を除菌する→炎症

慢性胃炎にかかっている人は、ほぼ100%がヘリコバクター・ピロリ菌に感染しています。
除菌しない限り炎症は続き、そのうち粘膜がペラペラになってしまう萎縮性胃炎が進むのです。
そして、これが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんや、動脈硬化など全身疾患の原因になります。

除菌すると、半年ほどで慢性胃炎はなくなります。
すでに萎縮性胃炎になっている人も、10年弱で胃の粘膜が再生して萎縮も改善します。

しかし、最近は、除菌して炎症が治まったのに、胃の痛みなどの不調を訴える「機能性ディスペプシア」の患者も増えているので、その場合には専門医に相談した方が良いということです。

5 「T・U・F(タフ)」を摂取する→炎症

イカ、タコ、ホタテ、カキ、マグロなどに含まれる「タウリン」(T)には、胃粘膜の障害を抑え、胃の細胞の寿命を延ばす作用があります。
ビタミンCを加えると吸収率がアップするのです。

キャベツに含まれる「ビタミンU」(U)は、胃酸を抑えて胃炎を軽減してくれます。
加熱すると壊れてしまうため、千切りがいいということです。

ワカメ、コンブなどの海藻のぬめり成分「フコイダン」(F)は、胃粘膜をサポートして、ピロリ菌が粘膜に付着するのを防ぐ働きがあるのです。

それゆえに、胃の炎症を抑える食べ物を意識的に摂取することも大切なのです。

スポンサーリンク

規則正しい生活を送ることが大切です。

大病を患ってしまう人がいます。
そのような人は不摂生をしている場合が多いと私は考えています。

偏りのある食事や暴飲暴食。
そのような食事は、体に負荷を与えてしまいます。
その負荷により、臓器にも悪影響を及ぼします。
結果的に、病気のリスクを高めてしまうのです。

それゆえに、健康的な食生活を送ること。
そして、できる限りストレスを溜めこまないことが大切です。

病気になって後悔をしても、元気な体を取り戻せない可能性もあります。
それゆえに、病気にならないためには、日頃の日常習慣を改めること。

私自身も胃を大切にして、病気のリスクを減らす生活を心掛けたいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 健康