毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

日本一寿命が短い県には理由があること。

   

good idea日本で一番の長寿の県は長野県であります。
残念ながら、日本一寿命が短い県は青森県ということです。

フォーブス ジャパンさんの「「日本一短命の町」に企業が続々と参入する理由」という記事を読みました。
青森県の寿命が短くなっているには理由があるということなのです。

スポンサーリンク

青森県の平均寿命とは

青森県の平均寿命は、男性77.28歳、女性85.34歳。
長寿日本一の長野県は、男性81.00歳、女性87.20歳。
(2010年、厚生労働省調べ)

青森県と長野県では3年もの開きがあるのです。

さらに青森では40代、50代という働き盛り世代も命を落としています。

都道府県別に10歳ごとの人口10万人当たり死亡率ランキング(平成22年=男性)によると、青森県は「40〜49歳」から始まり、最も高齢の「80歳以上」に至るまで、すべての年代で死亡率ワースト1位。

特に働き盛りの世代の死亡率が高く、「40〜49歳」のグループでは、長野県の10万人当たりの死亡率が171なのに対して青森は323。

残念ながら青森県では、長野県の倍近くが亡くなっているのです。
残された家族にとって、大変辛い実情だと思います。

青森県で寿命が短くなってしまっているのは理由があります。

弘前大学大学院の医学研究科長、中路重之教授によると

「スポーツをする人の割合」は青森県が全国ワースト1位。
「歩数」も男性46位で女性41位である。
「喫煙率」は、男性がワースト1位、女性がワースト2位。
「多量飲酒者率」は男性がワースト1位で女性はワースト8位。
「炭酸飲料消費量」はワースト1位。
「食塩摂取量」は男性ワースト2位で女性は5位。

健康のリスクを高める行動をしているためということです。

地域や県民性が辛い結果をもたらしています。

青森県は日本海側を占める津軽地方は日本有数の豪雪地帯。
冬は外出もままならず、運動不足から肥満になる傾向があります。

また、青森県を訪れると、地元の人々とつき合うとよくわかるといことです。
というのも、青森県の人々は人に優しいのです。

たとえ自分は喫煙者でなくても、周囲でたばこを吸う人に寛容な人が多いということ。
街を歩いていると、店の入口に当たり前のように灰皿が置かれている状況なのです。

長寿である長野県の取り組みとは

昔は青森と同じ短命県だった長野が一躍長寿県に躍り出た背景には、県民に健康意識を根付かせる教育があるのです。

塩分摂取量が多く、脳卒中で死亡するケースが多かった長野県では、市町村ごとに「保健補導員」という保健活動のリーダーを置きました。
地域から選ばれた一般の住民、多くは主婦を教育し、保健師のアシスタントとしての役割を担わせました。
草の根的に健康情報を普及させて、生活習慣を変えさせたのです。

スポンサーリンク

私の周りで元気で長生きをしている人からのアドバイスとは

私の周りでも元気で長生きをしている人がいます。
そのような人達は、日常生活でも気をつけていることがあります。

●定期的に運動をしています。
●タバコは吸わない人が多いです。
●自宅で手作りの食事を食べています
●暴飲暴食はしません。
●お酒も適度に飲むくらいです。
●夜更かしはあまりしません。

人間は無理をすれば早く壊れてしまう可能性があります
しかし人間は適時にメンテナンスを行えば元気で長生きをすることが可能だとも私は考えています。

日常生活のちょっとした心掛けが、元気で長生きをするコツだと感じています。
元気で健康的に暮らすためには、毎日の体に良い習慣が大切だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 健康