毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

うかい鳥山で「1棟貸し切り」。贅沢な時間を堪能しました。

   

東京都八王子市にある日本料亭の「うかい鳥山」。

系列店である鉄板焼き店の「銀座うかい亭」には、2017年11月にアメリカ大統領であるトランプ夫妻も訪れた名店なのです。

私も、公私で「うかい鳥山」を30回以上利用させていただきました。

個人的に知っていることをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

うかいグループとは

高級料理店の「うかい鳥山」「うかい竹亭」「銀座うかい亭」などを有するするうかいグループ。
昭和39年に、東京都八王子市の高尾に「うかい鳥山」をオープン。
50年以上の歴史がある高級レストランなのです。

地元八王子で一番成功した人は、うかいグループを創業した鵜飼貞男氏とも言われるほど。
ちなみに、女優の工藤夕貴さんは、鵜飼貞男氏の姪でもあるのです。

うかい鳥山とは

うかい鳥山は、いろり炭火焼き料理を提供。
鶏肉や牛肉を堪能できるのです。

ちなみに、うかい鳥山を訪れると、シンボルともいえる越中五箇山から移築した合掌造りの建物が目に入ります。
そして6,500坪の日本庭園はみどころです。

特に夏の時期には、ほたる鑑賞会を実施。
優雅な一日を堪能できるのです。

うかい鳥山で「1棟貸し切り」も可能。

うかい鳥山では、1日1,000人以上が訪れる高級レストラン。
部屋は、一棟貸し切りと大部屋を選択できるのです。

もちろん、一棟貸し切りは大人気。
休日には2か月前、平日には1か月前までに予約をしたほうがよいと思います。

そして、嬉しいことは、一棟貸し切りでも大部屋でも、値段は変わりません。
それゆえに、できることなら、一棟貸し切りでお部屋を利用するとお得になるのです。

ちなみに、一棟貸し切りの場合は、4名以上でお願いしますと言われますのでご注意下さい。
(昔は3名以下でも大丈夫でしたが)

また、食事は2時間以内になります。

うかい鳥山は2か月に1回、料理のメニューが変わります。

うかい鳥山は2か月に1回、サイドディッシュのメニューが変わります。
メインのメニューは基本的には変わりません。

それゆえに、年間では6種類の料理が堪能できるのです。
(毎年同じ時期に訪れると、同じ料理になります)

もし、違う料理を味わうのであれば、時期を変えることをおすすめします。

うかい鳥山は秋のメニューがおすすめです。

うかい鳥山は、年間で6種類の料理を提供。
ちなみに、個人的に一番大好きな時期は、11月に提供される秋の料理。

秋の料理には、絶品料理である「海老芋」を堪能できるのです。

牛鶏いろり炭火焼コースをいただきました。

牛鶏いろり炭火焼コース(8,860円)をいただきました。

ちなみに、写真はありませんが、おしぼりには、檜のよい香りがします。
うかい鳥山の心遣いを感じるのです。

「海老芋 春菊 柚子」「茸みぞれ和え 水菜 いくら」

私は、うかい鳥山のメインメニュー以外で、一番の美味と思っているのが海老芋。
海老芋は、生産量が少ないために、一般的には、なかなか食べることができない食材。

うかい鳥山でもこの時期しか提供されません。

ちなみに、女将さんも話していましたが、「海老芋」は人気メニューということなのです。

焼胡麻桃豆腐 友餡掛け

うかいグループでは「とうふ屋うかい」も運営。
とうふにも自信があるのです。

焼胡麻桃豆腐とクルミが入った豆腐は絶妙。
本当においしいのです。

ちなみに、うかいグループは10店舗以上のレストランを経営。
料理人は、うかい系列のレストランに異動もあるということ。

それゆえに、うかい鳥山にいながら、とうふ屋うかいの料理も秋には味わうことができるのです。
【秋以外では、とうふ料理がほとんど提供されません】

きのこ汁

きのこがたくさん入ったきのこ汁。
きのこもおいしいのですが、だし汁が本当においしいのです。

日本料理はダシが重要です。
うかい鳥山は、10年以上前から利用させていただいておりますが、味は全く変わらないのです。

川魚塩焼(やまめ)

炭火で焼いたやまめが運ばれてきます。
炭火焼きなので、ガスとは違う味わい。
食事がすすみます。

やまめは天竜川で養殖されていると記憶しています。

時期によっては、やまめでなくアユが提供されることもあります。

牛串

牛は、時期によって仕入れ地域が変わります。
今回は、千葉県産の牛ということ。

わさびと一緒に食べると、さらにおいしくいただけます。

鶏串

うかい鳥山ということもあり、鶏が一番のメイン料理になります。
鳥肉は、御殿場の契約農場から提供。

この鶏肉を食べると、通常の鶏肉が食べれなくなるくらい、おいしい鶏肉なのです。

また、鶏肉と一緒に提供される、辛味噌がこれまた絶品。
辛みそと鶏肉のコラボレーションはなんとも言えません。

さすが、人気の料理店だと感じさせる料理なのです。

朴葉焼 焼き野菜

朴葉焼は鳥のささみと塩味の味噌が入っています。

個人的にはおいしい料理なのですが、うかい鳥山の隣にある、うかい竹亭の「朴葉焼」はさらに絶品なのです。
うかい竹亭の「朴葉焼」は、牛肉と甘い味噌が、一緒に包まれています。
私が食べた朴葉焼では、一番おいしい料理なのです。

個人的には、うかい竹亭の「朴葉焼」をうかい鳥山で提供してくれたら、本当に嬉しいと感じてしまうのです。

とろろご飯(通常は鶏そぼろわっぱ飯)

通常では、鶏そぼろわっぱ飯が提供されます。
しかし、とろろ麦飯に変更しました。

この「とろろご飯」は一度食べると、麦飯が止まりません。

ちなみに、とろろは3種類を混ぜて作っています。
とろろの種類や配分比率は企業秘密。

さすが、東京多摩地区で人気ナンバーワンのレストランだと私は感じたのでした。

白玉ぜんざい

秋の時期に提供される白玉ぜんざいもおいしいのです。
小豆の甘さもちょうどよく、もっと食べたいと感じさせてしまう料理なのです。

スポンサーリンク

うかい鳥山の地図

うかい鳥山は、東京多摩地区ではナンバーワンのレストラン。
当日予約では入ることができません。
そのため、なるべく早くからの予約をおすすめします。

そして、個人的におすすめするのは、秋の11月。
是非とも、絶品料理である「海老芋」を堪能して下さい。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 食べ歩き