毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

貴乃花親方の独占インタビューを聞いて個人的に気になったこと。

   

2月7日のテレビ朝日系「独占緊急特報!!貴乃花親方すべてを語る」の番組を見ました。
個人的な意見をお伝えします。

スポンサーリンク

貴乃花親方の独占インタビューで語ったこと

貴乃花親方の独占インタビューで語った概要です。

貴ノ岩が元横綱の日馬富士に暴行された事件に関して、相撲協会は「警察的に機能する組織ではない」ので、警察に相談をしたこと。

貴ノ岩は失礼な態度を取っていない。
スマホも見ていない。
それなのに、いきなり日馬富士に殴られた。
横綱の白鵬がけんかを止めたのは、日馬富士がアイスピッグを持ったから。
それまで貴ノ岩は殴られ続けた。

貴ノ岩の怪我は軽傷ではなく重傷。
「右側頭骨骨折」と断定する診断書を紹介。
貴ノ岩は「耳鳴り、頭痛があって横になっているのが精一杯という状態」だったということ。

相撲協会の発表した内容に関しては、貴乃花親方は反論や意見書を20回以上も相撲協会に提出。
しかし、相撲協会はその内容を一切公表しなかった。

そして、相撲協会からは内々で元日馬富士の暴行事件に関して被害届取り下げ要請があったということなのです。

スポンサーリンク

貴乃花親方のインタビューで気になったこと。

貴乃花親方のインタビューで気になった部分があります。
それは、この暴行事件が発覚した時に、貴乃花親方は「師匠としての出番がきてしまった」と話した部分です。

このように発言をするということは、おそらく、過去にも他の部屋で同様の事件が発生。
闇に葬られていたことが多々あったのでないかと推測されます。

しかし、事件の対策を考えていた貴乃花親方は、相撲協会ではなく警察に相談。
相撲協会は、隠ぺいすることができないので、暴行事件が明るみにでたのです。

今まで、相撲協会では、加害者保護。
被害者軽視の見解ばかりが見受けられました。

しかし、このインタビューが事実であれば、日本相撲協会の危機管理委員会は全く機能していません。
自分達に都合の悪いことは一切話さない、無駄な組織なのです。

日本の国技のことを真剣に考えるのであれば、是非とも、日本相撲協会は貴乃花親方の反論に誠実に回答してほしいと思っています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 個人的な意見, 日々の生活