毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

LCCバニラ・エアの車いす対応の問題に疑問を感じたこと。

   

格安航空会社のバニラ・エアで車いすに対するお客様の対応が悪いという問題が発生。
個人的に、疑問を感じていたことがあったのです。
その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

LCCバニラ・エアの車いす対応の問題

鹿児島県奄美市の奄美空港で今月5日、格安航空会社(LCC)バニラ・エア(本社・成田空港)の関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が、階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていたことがわかった。バニラ・エアは「不快にさせた」と謝罪。車いすでも搭乗できるように設備を整えるということなのです。

お客さんに対する疑問点

車いすのお客様が「自力で階段式のタラップを上った」という事件。
個人的に、いくつかの疑問を感じたのです。

●なぜ、障害者割引のある大手航空会社のJALやANAを使わなかったのだろう?

●バニラ・エアでは、車いすを使用の場合には、5営業日前までに事前連絡が必要とホームページに記載。
車いすのお客さんは、ちゃんと事前連絡をしたのか?

●格安LCCは人数や設備を最小限に抑えているのだから、そもそもちゃんとした対応を求めることが難しいのでないか?

私はこのニュースの裏側が気になってしまったのです。

車いすのお客さんの発言

今回の車いすのお客さんは、バリアフリー研究所のK所長ということ。
過去には自分自身のツイッターで、飛行機利用について下記のように発言しているのです。

「予約の際に車椅子である事を伝えた事はない。わざわざ予約の際に車椅子である事を伝える必要がないと考えている。(中略)交渉成功のポイントは仮に搭乗できなくても構わないと覚悟し、人権問題として裁判も辞さないという毅然とした態度に係員がおじけづいた事」

有料の講演も行っています。

バリアフリー研究所のK所長は有料の講演も行っています。

5万円 -  教育機関、勉強会など、限られた予算の場合です。
10万円 -  最も多い謝礼金額です。交通宿泊費込みで依頼を受けることもあります。
20万円 -  イベントなど、内容の録画、出版物への転載、広報宣伝など、二次利用がある場合です。

K所長は、海外に100カ国以上も旅をしているベテランです。
それゆえに、飛行機会社の事情は重々承知していたと思われます。

ちなみに、K所長はプロクレーマーであり、過去にいくつかの事件を起こしています。
(過去に別の航空会社でもクレーム)

今回のバニラ・エアの事件も、完全に裏があると思うのです。

スポンサーリンク

秩序を守るべきだと思います。

今回の事件が、大手航空会社で起きたのであれば、大きな問題だと思います。
しかし、この事件には、利用者側のわがままが隠されていると感じるのです。

事前連絡がなければ、格安航空会社は対応できません。
値段が安いのだから、それ相応の対応になるのは仕方がないのです。

ニュースの報道も大切ですが、裏事情も確認することがさらに重要だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 個人的な意見, 日々の生活