毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

高齢者の交通事故が急増。お医者さんの意見から考えさせられたこと。

   

高齢者の交通事故が増えています。
さらに、交通事故は、単純な操作ミスが多いのです。

あるお医者さんとお話をして、考えさせられたことがありました。

スポンサーリンク

65歳以上の高齢ドライバーの事故について

埼玉県警が2016年の人身交通事故の調査を行いました。
その分析により、高齢者が注意をしなくてはいけないことがわかったのです。

出合い頭の事故について

出合い頭の事故の割合です。

65歳未満が27.9%。
65歳以上は32.3%。
85歳以上では45.1%

高齢ドライバーによる出合い頭の事故が多い要因について「身体機能の低下により視野が狭まり、左右の確認がうまくできないのでは」と推測しているのです。

車の運転の操作ミス

アクセルとブレーキの踏み間違いなどの操作上の誤りは、75歳以上から目立ち始めます。

85歳以上では65歳未満の2倍近い11.6%。

誤操作により家屋などに突入した事故は14件発生。
うち半数が高齢ドライバーだったのです。

高齢になることにより、若い時では考えられなかった単純ミスが発生しやすくなっているのです。

追突事故について

車が単純に追突する事故は65歳未満が35.7%と高い割合でした。
その一方で、65歳以上では22.0%にとどまり、年齢の上昇に反比例を示したのです。

追突事故は「若い人に比べて高齢者はスピードを出さず、慎重に運転していることから少ないのではないか」と推測されているのです。

高齢者ドライバーの考え方

お医者さんである佐藤先生(仮名)
現在は70代です。

若いころには、全国どこへでも車を使って旅をしました。
しかし、現在では車の運転をほとんどしなくなったのです。

理由は、視力の問題です。

人間は誰でも白内障になります。
白内障になることにより、視力が落ちてしまいます。
視力が落ちると、何かの判断をする時に、他の人よりも、一歩遅れてしまう可能性があるのです。

また、老眼の問題も起きてしまいます。
若い時には、遠くも近くも視力調整ができました。
しかしながら、年齢が上がると、視力の調節力が弱ります。
そのため、遠くも近くも視点を合わせることが難しくなってしまうのです。

佐藤先生は、現在ではほとんど車を運転することを控えています。

人間は年齢を重ねることにより、とっさの判断ができにくくなります。
また、通常では考えられなかった単純ミスも発生。
取り返しのつかないことが起きてしまう可能性があるのです。

それゆえに、佐藤先生は、交通事故を起こしてしまってからはもう遅いと考えているために、車の運転を控えるようになったのです。

スポンサーリンク

高齢者の車の運転はリスクが高くなります。

自分だけは事故は起こさないと考えている人が多いと思います。

しかし、老後を迎えると、判断能力が低下。
安全運転をしていても、とっさの判断が鈍くなったり、間違えたりします。
そのため、若い時では考えられなかった単純ミスが発生しやすくなってしまうのです。

車は簡単に凶器になってしまいます。
そして、ひとつの事故で、一生償わなくてはいけない罪を背負う場合もあるのです。

それゆえに、私は、老後を迎えてからは、車を運転するのを控えようと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 個人的な意見, 日々の生活