毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

難関私立の教育。お金持ちと一般人の格差とは。

   

家族教育格差は生じてしまうのが現状だと思います。

トップレベルの私立の小学校では英語教育を取り入れています。
公立の場合は、本格的に英語をはじめるのは中学校からです。

必然的に英語のハンデは6年間もあると私は感じてしまっているのです。

スポンサーリンク

ある難関私立小学校の場合

私の知っているある難関私立小学校があります。
その学校では勉強に力を入れています。

英語に関しても同様で、卒業時までに英検3級を取得しなくていけません。
ちなみに英検3級のレベルは、中学校卒業レベルと同等です。

その学校に通っているお子さんのほとんどは、6年生には英検3級を取得しているのです。

海外留学の研修も行っています。

その小学校では、5年生と6年生では海外留学。
ホームステイの体験により、異国文化に直接触れ合うことが可能です。

それゆえに、多くの生徒は、勉強に対してのモチベーションが大変高いのも事実であります。

お金持ちの親が多いという現実。

難関私立の小学校に通わすことができる両親は、お金持ちという現実があります。

小学校に入学する前には、塾に通わす必要があります。
入学後には、年間150万円以上の授業料が必要です。
さらに、海外留学もあるために、必然的にお金が必要な環境なのです。

お金持ちのお子さんは、必然的に勉強に好ましい環境を手に入れることができていると思うのです。

スポンサーリンク

親が意識をすることにより子どもの教育に力を入れることも可能だと考えています。

我が家は、お金持ちではありません。
しかしながら、親が意識をすることにより、子どもの教育にも力を入れることができると思うのです。

子どもが勉強をするように幼少期から勉強の習慣化をする。
勉強をしている時に子どもがわからないことがあれば丁寧に教える。

毎日の積み重ねが、子どもの教育格差を縮める方法だと思っています。
親の意識を変えれば、子どもの意識も変えることができるのでないかと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 勉強・教育