毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金持ちの子供の教育。あるお医者さんが教えていること。

      2017/10/16

お医者さん私は医療機器メーカーに勤めているサラリーマンです。
明治時代から代々続いているお医者さんから、お子さんの教育方針をお聞きしました。

個人的に、参考になると思いましたので、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

明治時代から続いているお医者さん

明治時代から代々お医者さんである松本ドクター(仮名)。
松本先生にはお子さんがいらっしゃいます。

お子さんの教育には注意をしていることがあるということです。

お金の教育について

お金について教育することは大切ということです。

ある日、松本先生のご自宅の床に1円が落ちていたということ。
松本ドクターは、1円でも粗末に扱いません。

おそらく、お子さんが1円を落としたままにしていたということです。

そのため、そのお医者さんは、お子さんを呼んで注意したといことです。

「1円だからといって、粗末に扱うな。」
「1円をちゃんと貯めれば、家も買うことができる。」
「お金を粗末に扱えば、しっぺ返しがくる。」
そのドクターは本気で怒りました。

それ以降は、そのお子さんは、お金を粗末に扱うことがなくなったとうことです。

食べ物について

食事の時にも、気をつけています。
松本ドクター一家はお金には余裕があります。
しかし、食べ物も粗末に扱っていません。

ある日、お子さんが、お茶碗にごはん粒をひとつ残したそうです。

松本先生は
「ごはん粒ひとつでも、残してはいけない。」
「お百姓さんが、精魂込めて大切に作ってくれた。」
「食べ物を粗末にする人は、罰が当たる。」
と教えています。

それゆえに松本先生のお子さんは、食べ物を残したりすることはありません。

松本先生は親から同様のことを教えられました。

松本先生も、その先生のご両親から同様の教育を受けたといことです。

お金があっても、お金を無駄遣いすれば、すぐにお金はなくなります。
モノを粗末にすれば、モノが壊れやすくなり、新しいモノを購入する必要があります。

それゆえに、お金もモノも大切に扱うことが重要ということです。

スポンサーリンク

親の役割が重要です。

現在の日本社会は大量生産と大量消費の時代になりました。
しかし、モノを大切に扱えば、モノが壊れにくくなります。

親がお金の使い方を子供に教えれば、子供の無駄遣いもなくなります。

それゆえに、子育てには親の役割が重要だと思います。
親が子供の良い見本になることが親として大切なことだと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 子育て