毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

勉強が得意な子と苦手な子。そしてその理由。3人の子育てから学んだこと。

      2016/11/23

バンザイ勉強が得意な子と苦手な子がいます。
私はその理由が徐々にわかりはじめました。

スポンサーリンク

我が家について

我が家は、子供が3人います。
3人とも、3歳から公文式の算数を受講。

しかしながら、勉強のタイプもそれぞれ違うのです。

計算が得意な長女

長女が、幼稚園の年長の頃の様子です。
長女は言われたことを、すぐに理解できるタイプ。

算数などの単純計算が得意なタイプ。

3歳から公文式の算数を習わしていましたが、足し算、引き算をすらすらと習得。
小学校入学前には、掛け算の勉強。
約3学年先の勉強をしていたのです。

長女は、比較的に記憶力が良いタイプだったのです。

コツコツ勉強をする次女

次女が幼稚園の年長の頃の様子です。
次女は、算数が苦手です。
物事を記憶することが、あまり得意ではありませんでした。

小学校入学前には、足し算を終了。
引き算を覚え始めていました。

しかしながら、毎日コツコツ勉強をするタイプ。
親が勉強をしなさいといわなくても、毎日机に座る習慣が身についています。

コツコツ勉強をするタイプなので、学校の勉強に関してはあまり心配をしていません。

勉強が嫌いな長男

現在は、長男は幼稚園の年長です。
長男も、3歳から公文式の算数を習っています。

しかしながら、勉強が嫌いなタイプ。
机に座っていても、10分くらいで集中力がなくなります。

また、わらかない問題があると、思考停止の状態。
長男は勉強があまり好きでないのです。

そのため、私も妻もお手上げ状態。
どのようにしていいかわかりませんでした

勉強が嫌いな長男が変わり始めました。

約1か月前から長男の態度がかわりはじめました。
その理由は、勉強を勉強と思わせないように工夫をしたのです。

私が試みた方法は、長男とお風呂に入る時に、簡単な算数の問題を出題します。
もちろん、勉強と思わせないように、ゲーム感覚を重要視。

効果音をつけて、長男に算数の問題を出題するのです。

そして、その問題が解けた時には、褒める。
ダメだった場合は、優しく問題の解答を教える。

勉強ではなく、ゲーム感覚での算数の出題なので、長男は、私が出題した問題を真剣に考えるようになりました。

また、英語もなるべく一緒に問題をするように取り組んでいます。
私がわざとゆっくり英語を話したり、めちゃくちゃ早く話したりしながら、息子を楽しませます。

ちょっとした心掛けで、息子の勉強に対する態度が変わってきたのです。

スポンサーリンク

親の工夫が大切だと思います。

勉強嫌いなお子さんも多いと思います。
それゆえに、そのお子さんにあった勉強の方法を親が見つけ出す必要があると思うのです。

そのためには、親の創意工夫が大切です。

どのようにすれば勉強をするのか。
何に興味があるのか。

私自身も試行錯誤の子育てです。
子供達が、さまざまなことに興味を持てるように育ってもらえるように、これからも私自身も努力を続けたいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 勉強・教育