毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

美ら海水族館のイルカふれあい体験はなんと無料。かわいいイルカに癒されました。

   

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ab%e6%b0%b4%e4%b8%ad沖縄県本部市にある「美ら海水族館」。
「美ら海水族館」では「イルカふれあい体験」を毎週土・日・祝日に行っています。

しかも、料金はなんと無料。

我が家も、「イルカふれあい体験」に参加。
かわいいイルカに癒されました。

スポンサーリンク

イルカふれあい体験の流れ

美ら海水族館のイルカふれあい体験についてお伝えします。

【実施日】
土・日・祝日 雨天決行
(悪天候時には状況によって内容の変更、プログラムを中止の場合もあります。)

【時間】
10:20~10:50(約30分間)

【開催場所】
イルカラグーン 浅瀬プール(2016年9月まで)
オキちゃん劇場観客席(2016年10月以降)

【参加費】
無料

【定員】
20名(1日1回)
※小学生以上が参加可能
※先着順
※保護者は定員に含みません。

【応募方法】
専用の応募フォームから事前の申し込み。
参加希望日の1か月前から受付開始。

イルカふれあい体験の応募ホームページはこちら

美ら海水族館のイルカふれあい体験は大人気。繁忙期には受付開始から1~2分で応募受付終了になります。

我が家も、8月27日(土)に開催分の美ら海水族館のイルカふれあい体験に1か月前の10時から専用ホームページで申し込み。
しかしながら、応募受付開始から約2分で終了。
大人気のために、すぐに満席になってしまうのです。

そのため、8月28日(日)に開催のイルカふれあい体験は事前準備をしっかりしました。
そして、なんとか20人以内の先着に入ることができたのです。

繁忙期ではすぐに受付終了になってしまいます。
閑散期であれば、1か月前の予約開始日であれば、先着20名以内に入ることは可能だと思います。

美ら海水族館のイルカふれあい体験とは

イルカのレクチャー(約15分)

%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ab%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%80%80%e8%ac%9b%e7%be%a9

イルカのふれあう前に、イルカについて講義を受けます。
飼育員の方が、イルカの生態・種類・特徴など、図を使って丁寧に説明していただけます。

イルカの分類なども学ぶことができる、大変に有意義な講義です。

イルカラグーン内で、イルカ触れ合い体験(約15分)

%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ab

イルカのレクチャーの後は、イルカラグーン内で、イルカ触れ合い体験を行います。
この日は、2匹のイルカに触ることができました。

1匹目は黒い色のオキゴンドウイルカ。
身長は約5メートル。
最大では6メートルになるといこと。

通常イメージしているバンドウイルカとは違い、大きさと色に迫力があります。

飼育員の方が、クジラの口の中を見せてくれたり、触ったり、餌やり体験をしました。

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ab

そして、2匹目は、水族館でよくみかけるバンドウイルカ。
身長は約3メートル。
最大では3.8メートルになるといこと。

バンドウイルカは大変愛嬌のあるイルカです。
顔もとても可愛らしいのです。

さらに、飼育員の方に芸を教えてもらいました。

例えば、指揮者のように腕を振ると、イルカは「キュイー・キュイー」と鳴き出します。
手をバイバイのように振ると、イルカも立ち上りながらバイバイをしてくれます。

妻や子供達も、イルカに指示をすると、鳴き出したり、バイバイをしてくれました。

美ら海水族館のイルカふれあい体験では本当に貴重な体験をすることができました。

スポンサーリンク

美ら海水族館の地図

美ら海水族館のイルカふれあい体験は本当におすすめです。
体験できれば本当にラッキーだと思います。

幼稚園の息子は残念ながらイルカ触れ合い体験に参加することができませんでした。
我が家は次回の沖縄旅行でもう一度チャレンジしたいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 家族旅行(2016年沖縄)