毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

急増する「ワンオペ育児ママ」。苦しくて過酷な日々。

   

家族毎日新聞に掲載された「<夫単身赴任>急増する「ワンオペ育児ママ」 過酷な日々」という記事を読みました。
その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

子育てと仕事を一人で行うワンオペ育児のママが急増しています。

日本では、1人で仕事と育児をこなす「ワンオペ育児のママ」が増えています。

父親が単身赴任
父親が残業で帰りが遅い家庭
ひとり親家庭など
など

ワンオペ育児のママが増加しているということです。

孤独で過酷なワンオペ育児とは

東京で公務員として働く太田麻美さん(仮名、30代女性)

息子を出産したとき、会社員の夫の直樹さん(仮名)は関西で勤務。
育児休業中は同居をしていました。

しかしながら、仕事復帰してからは過酷なワンオペ育児が始まりました。

麻美さんは毎朝5時ごろ、寝不足状態で起きなければなりません。
1歳の息子が寝ている間に洗顔や仕事の準備を済ませます。

息子が目を覚ましたら、自分のことはすべて後回し。
朝食を作って食べさせ、オムツを替えて体温を測り、着替えさせます。

息子が何かを誤飲したり、落下したりしないよう、常に視界に入れながら、なんとか化粧や身支度もします。
その間はトイレにも行けません。

麻美さんは、仕事の段取りを考えつつ書類をそろえ、同時に息子の着替えやオムツ、連絡帳を登園バッグに入れて、ベビーカーを押して家を出ます。
必要な持ち物が多すぎて、忘れ物に気づき、遅刻ぎりぎりで引き返すことも日常茶飯事です。

保育園に着いたら、猛スピードで着替えをセットし、泣く息子をなだめ、駅まで汗だくでダッシュ。
通勤ラッシュにもまれ、職場に向かいます。

職場に着くと同僚が「服、裏表ですよ」と一言。
ワンオペ育児を始めてから、髪も服装もボロボロです。

麻美さんは午後6時に職場を出て、急いで保育園に向かいます。
仕事ですでにヘトヘトですが、テレビに子守をさせつつ夕食を作り、風呂に入れて寝かしつけ、洗濯、翌日の仕事の準備を深夜までこなします。

さらに、子どもは保育園の集団生活で頻繁に病気をもらってくることも多々あります。
麻美さんが息子から風邪をうつされ、40度の高熱が出ても、横になることはできません。もうろうとしながらご飯を食べさせ、寝かしつけます。

息子が夜中に目を覚まし、夕方食べさせたおかゆを布団の上で吐き出しました。
両手でとっさに受け止めたものの、大泣きする息子から離れて始末しに行くこともできず、そのまま吐いたものにまみれ、麻美さんも一緒に泣きました。

しかしながら、夫は関西で単身赴任。
誰も助けてくれないワンオペ育児は、本当に孤独なのです。

周りに頼れる親族がいません。

両方の実家は遠方にあり、祖父母には頼れません。
夫の会社に相談をしても、単身赴任を解除してくれません。

周りに頼れる親族がいないために、ワンオペから脱出することができないのです。

スポンサーリンク

少子化対策を早急に実施するべきだと思います。

ワンオペ育児は本当に重大な問題だと思います。
子育てがしにくい環境が続けば、さらに日本では少子化がすすむと思います。

それなのに、日本の会社は子育て世帯には大変厳しい現状です。
何かがあれば、増税・増税・増税。
税金ばかり増えて、生活はますます苦しくなるのです。

政治家は、支援という名目で海外に多額の金額をばらまくのでなく、日本の将来を担う子育て世帯に援助する具体的な政策が必要だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 個人的な意見, 日々の生活