毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

学生の状況が厳しくなっていること。親として今からできること。

      2016/09/28

家族本日も「毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ」へのアクセスありがとうございます。

日本学生支援機構によると、奨学金を使用する学生が増えているということです。
日本の学生の現状についてお伝えします。

スポンサーリンク

奨学金を使用している学生とは

%e5%a5%a8%e5%ad%a6%e9%87%91
日本学生支援機構によると、平成16年度には4.4人に1人の22.8%の学生が奨学金を使用。
しかしながら、平成26年度には2.6人に1人の38.4%の学生が奨学金を使用。

この10年間で奨学金を使用する学生は1.7倍に増加したのです。

奨学金とは将来返さなくてはいけないお金です。

授業料を補うために借りるお金は奨学金と呼ばれています。
しかしながら、このお金は将来返さなくてはいけないお金。

私は、授業料を借りるためのお金は「奨学金」という名前で呼ばれていますが、このお金は「借金」だと考えています。
奨学金を借りなくてはいけない子供達は、社会人になる前に数百万円の借金を背負わされているのです。

事前にお金を用意するべきだと思います。

本当に学校で勉強をしたいという子供のために、親は奨学金に頼らないように事前にお金(授業料)を用意するべきだと思います。
そのためには、大学入学前にはその子供のために最低300万円は用意すべきだという考えです。

大学の学費は年間最低100万円。
4年間では約400万円以上が必要になるためです。

スポンサーリンク

親ができること。

授業料を借りるためのお金は奨学金という名前ですが、私はローンや借金としか考えていません。
それゆえに、親は子供のためにお金の準備をあらかじめ早くはじめるべきだと私は考えています。

●共働きをして世帯年収を増やす。
●本業で出世をして給料を増やす。
●副業をしてお金を稼ぐ。
●節約をしてお金を貯める。
●投資でお金を増やす。

親が事前にお金の準備をすれば、子供は奨学金という借金を背負うことがなくなります。
親の事前準備が、子供達の借金リスクを減らすことが可能にさせるのです。
お金の勉強をすることが、子供に明るいチャンスを導く手段だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 子育て