毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

勉強ができる人とできない人。塾の先生に教えていただいたある理由。

      2016/09/28

good idea勉強が得意な人と苦手な人がいます。
塾の先生から、その理由を教えていただきました。

その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

勉強ができない人

勉強ができない人の口癖にはある傾向があるのです。

「部活が忙しいので時間がない。」
「こんな難しい問題は解けないよ。」
「友達も勉強をしないと言っていたよ。」

そして勉強に取りかかっても

●テレビ番組の内容が気になってしまう。
●数学の勉強で社会の勉強が気になってしまった。

勉強に集中できないのが原因なのです。

セルフハンディキャッピングが原因です。

セルフハンディキャッピングとは
「自分の失敗を外的条件に求めて、成功を内的条件に求めるための機会を増やすような行動や行為の選択のことを指す概念」

要約すると
「自分にとって不利な事を言ったり、行動をしたりすること。」

簡単に言えば
「すぐに言い訳をする人」

勉強ができない人は、セルフハンディキャッピングが原因なのです。

セルフハンディキャッピングをなぜするのか?

勉強ができない人は、なぜ自分に不利なことを言ったり、行動をしてしまうのでしょうか?

それは一見するとどちらにしても得に見えるからです。

失敗した時はその失敗を言い訳にする。
成功した場合は逆境を乗り越えたと自分の価値を高める。

勉強ができない人は言い訳を多くしてしまう傾向があるのです。

すぐに言い訳をしてしまう人のデメリット

塾の先生のお話だと
「セルフハンディキャッピング」、つまり「すぐに言い訳をしてしまう人」は物事を成功させる成功率が低いというと。

言い訳をして逃げ道を作ることによって必死さがなくなってしまうからだと思われます。

さらに、ネガティブな言葉である言い訳ばかりをしていれば、周りの人達にも悪影響を及ぼします。
そのようなことを聞いている人達のモチベーションも奪ってしまうのです。

言い訳ばかりすることは、総合的に大きな損失を及ぼすのです。

言い訳ばかりをしてしまう人の対策方法とは

言い訳ばかりをしてしまう人の対策方法があります。
それは、普段からポジティブな言葉に言い換えるように意識をするのです。

「忙しくて時間がない」と言いたくなったら「忙しいけど○○分なら時間を作って頑張るぞ。」
「難しくてできない。」と言いたくなったら「難しくても落ち着いて考えればきっとできる。」
「やる気がでない」と言いたくなったら「○○分だけは集中してみよう。」

ポジティブな言葉を発することにより、頑張ろうとする力が湧いてくるのです。

スポンサーリンク

ポジティブな言葉を発してみよう。

確かに誘惑に負けてしまうことがあるかもしれません。
また、ポジティブな言葉を発することに抵抗を感じるかもしれません。

しかし、意識的に続けることによって、ポジティブな言葉を発することが習慣化すると私は考えています。

大切なのは、言い訳で逃げ道を作ってしまうことを避けることです。
悪習慣を打破すると、日頃の行動も変わるのでないかと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 勉強・教育