毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

キッズビー。和洋中の食べ放題と室内遊園地が併設のおしゃれなレストラン。子供達は大満足。徹底レポート。

      2016/09/28

キッズビー入口キッズビーは50種類以上の和食・洋食・中華・スイーツのビュッフェと室内遊具を兼ね備えた新タイプのレストラン。
2015年4月25日に神奈川県横浜市に港北みなも店がオープンしました。

そして、2015年12月7日に東京都立川市にある大型ショッピングセンター「ららぽーと立川立飛」の3階に「Kids Bee(キッズビー)立川立飛店」もオープン。
我が家も家族で利用させていただきました。

「Kids Bee(キッズビー)立川立飛店」の詳細レポートをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

シンデレラブュッフェ(食べ放題)

キッズビーでは一流シェフが手掛ける本格料理である和食・洋食・中華・スイーツのビュッフェ50種類以上を楽しむことができます。

サラダエリア

野菜エリア キッズビー

野菜と十穀豆のイタリアン
茄子田舎煮
ミミガー辛味和え
かぼちゃのサラダ
枝豆ペペロンチー
ビーフンサラダ
ポテトサラダ
マカロニサラダ
トマトのサラダ
サラダギョーザ和風ジュレ仕立て
冷製麻婆豆腐
玉子豆腐
冷やし中華
うどん
香味レモンドレッシング
赤の柑橘ドレッシング
ナッツドレッシング
すりおろしドレッシング

野菜が豊富にあります。
健康重視の方にとっても、ありがたいメニューが多いと思います。

メイン料理エリア

メイン料理 キッズビー

メインの食材は、お肉料理になります。
魚料理は1種類もありませんでした。

熟成ステーキ(1時間に1回のみ。数量限定。)
牛すじと大根の煮物
バッファローチキン
さつま揚げの野菜あんかけ
肉じゃが
台湾風和えそば
ヘルシーな大豆のお肉の酢豚
ポテトグラタン
から揚げ
たこ焼き
フライドポテト
厚焼き玉子
冷汁
コーンスープ
トムヤンクン
チキンカレー
蓮根きんぴら
ナポリタン
ボンゴレビアンコ
ペペロンチーノ
ミックスピザ

チャーハン
もろこしご飯
ピラフ
野菜のパエリア
ご飯

ロールパン
クロワッサン

料理がなくなると、すぐに店員さんが補充をしてくれます。
食べ放題でも、補充をなかなかしてくれないとがっかりですが、こちらではそのようなことはありません。
店員さんの人数も多いので安心です。

飲み物エリア

飲み放題 キッズビー

コカコーラ
ファンタソーダー
カルピス
カルピスソーダ
お茶(綾鷹)
100%オレンジジュース
ウーロン茶

あったかオニオン
カカオリッチココア(ホットとアイス)
キャラメルマキアート(ホットとアイス)
いちごオーレ(ホットとアイス)

ブレンドコーヒー
アイスコーヒー
カフェラテ(ホットとアイス)
カプチーノ(ホットとアイス)
ホットミルク

ダージリン
アールグレイ
ローズヒップピーチ
ウーロン茶
ジャスミンティー
バラプーアル茶
白桃ウーロン茶
パイナップルジャスミン
ライチ紅茶
ヒーリングリーフ
さくら和紅茶
ほんのり梅紅茶

飲み放題の飲み物の種類も多く、迷ってしまいます。
飲み物の飲みすぎには注意が必要です。

デザートエリア

デザート キッズビー

抹茶ロール
スイカロール
宇治抹茶ムース
いちごムース
杏仁豆腐
フルーツポンチ
コラーゲンタピオカ
カスタードプリン
シュークリーム
アサイー

ワッフル

ストロベリースース
マンゴーソース
チョコソース
練乳ソース

5食チョコスプレー
フロストシュガー
ドライクランベリー
グラノーラ
チョコクランチ
バナナチップ
ドライブルーベリー

デザートも豊富にあります。
食べ放題の種類も多いのですが、スイーツの種類も十分なくらいにあるのです。
もちろん、ちゃんと補充をしてくれるので安心です。

アルコールメニュー【追加料金が必要】

アルコールメニューは追加料金(299円(税抜))が必要です。

アルコール飲み放題 キッズビー

生ビール(アサヒスーパードライ)
赤ワイン
白ワイン
ハイボール
レモンサワー
焼酎(黒霧島)
鏡月
コークハイ
メロンサワー
カルピスハイ
ウーロンハイ
緑茶ハイ
オレンジハイ
ウォッカ

アルコールは1人からでも追加が可能です。
平日であれば、飲み放題と食べ放題で3000円。
コスパが良いレストランだと感じてしまいます。

キッズビーおすすめ料理ベスト5

個人的な意見で、キッズビーの料理ベスト5をお知らせします。

食事プレート キッズビー

1位 牛すじと大根の煮物
⇒牛すじが大変柔らかく、大根と絡み合って大変おいしいです。

2位 熟成ステーキ
1時間に1回。先着順の数量限定になります。
ステーキのランクはA3くらいでしょうか。
一部お肉の固い部分がありますが、熟成されているのでおいしくお肉をいただきました。

3位 茄子田舎煮
茄子とだしが絡み合って、どんどん食べることができます。
個人的には、野菜関連では一番おいしかったです。

4位 ワッフル
ワッフルの機械を使って、セルフでワッフルを作ります。
ワッフルの生地がやわらかく、チョコレートのトッピングで、さらにおいしくデザートをいただくことができました。

5位 チャーハン
パラパラのチャーハンで、油っこくありません。
シンプルな味ですが、しつこくないのでおいしい中華料理をいただきました。

キャッスルアドベンチャーゾーン【室内遊園地エリア】

キャッスルアドベンチャーゾーンとは、キッズビーの室内で遊べるエリア。
心と体を育む7つのゾーンが設置されています。

アクションボール

ボーブ的当て キッズビー

ボールがシャワーのように落ちてきたり、噴水のように噴出したりします。
また、画面に向かって、ボールを投げて遊びます。

このアトラクションが子供達の一番のおすすめです。
子供達も必死に体を動かすので、運度不足解消に効果があると思います。

対象年齢 2歳~12歳

トラックのお花屋さん

お子さまに大人気のおままごとコーナー。
トラックの中は小さなお子様専用のミニアスレチックです。
小さい女の子にとっては楽しい場所でないかと思います。

対象年齢 3歳~7歳

アスレチック

迷路のようなアスレチック。
障害物をくぐりぬけてお城までたどりつくアスレチックです。
誰でも楽しむことができると思います。

対象年齢 2歳~12歳

ボールプール

ボールプール キッズビー

摩擦抵抗が少ない抗菌仕様のボールが安心安全。
全身でボールを感じることで心と体に刺激を与えます。

対象年齢 2歳~12歳

はいはいコーナー

小さい赤ちゃんが安心してはいはいできるコーナーです。
障害物がないので、安心して遊ぶことができます。

対象年齢 0歳~2歳

ぐるぐるツリー

ぐるぐる遊具 キッズビー

ぐるぐるツリーに捕まって、体を鍛えることができます。
お猿さんになったように、子供達がぐるぐるツリーに捕まって遊んでいます。

対象年齢  4歳~12歳

すいすいスライダー

高さ約3メートル、全長8メートルの巨大滑り台。
しかしながら、この滑り台があまり滑らないようになってしまっています。
そのため、子供達は滑らずに駆け降りてきていました。

対象年齢 2歳~12歳

キッズビー立川立飛店の混雑状況

我が家は、8月の平日に訪れました。
しかしながら、店内には40名くらいしかいません。
座席も7割くらい空席の状態でした。

ちなみに、休日もほとんど待つことなく入場することができます。
理由は、ららぽーと立川立飛店の集客力の問題です。

東京都立川市には「ららぽーと立川立飛」に行かなくても、立川駅周辺にも魅力的なお店が揃っています。
【ルミネ・グランデュオ・伊勢丹・高島屋・ドンキホーテ・ビックカメラなど】
そのため、ららぽーと立川立飛店は苦戦。

残念ながら、キッズビー立川立飛店も必然的にお客さんが少なくなってしまっているのです。
逆に考えると、子供達はキッズビーで思う存分に室内遊園地を楽しむこともできるのです。

キッズビー立川立飛店の詳細情報

住所 東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛3F
電話 042-521-5345
営業時間 10:00-22:00(最終入店20:00)

≪子供の料金≫
【平日】ランチ・1~3歳 445円 4~6歳 908円 小学生 1,278円
ディナー・1~3歳 445円 4~6歳 1,000円 小学生 1,463円
【平日 延長30分毎】1~3歳 0円 4~6歳 186円 小学生 278円
【土日祝】ランチ・1~3歳 445円 4~6歳 1,000円 小学生 1,463円
ディナー・1~3歳 445円 4~6歳 1,000円 小学生 1,556円

≪大人の料金≫
【平日】ランチ・1,741円 ディナー・2,019円
【平日 延長30分毎】371円
【土日祝】ランチ・2,019円 ディナー・2,204円
*以前は会員登録が必要でした。(300円/1家族)
現在では会員登録は不要になりました。

【電車の場合】
多摩都市モノレール「立飛駅」から徒歩1分

【車の場合】
平日は終日無料
休日は購入金額により最大3時間無料
●1,000円以上(税込)の購入金額で1時間無料
●2,000円以上(税込)の購入金額で2時間無料
●3,000円以上(税込)の購入金額で3時間無料

スポンサーリンク

キッズビー立川立飛店の地図

キッズビー立川立飛店は、小学生中学年くらいまでのお子さんは楽しむことができると思います。
幼稚園の息子は、遊び場で1時間以上も熱心に遊んでいました。
しかし、小学校高学年の長女にとっては、物足りない様子。

遊具の内容が10歳未満を対象にしていると感じられます。

それゆえに、小学校4年生くらいまでのお子さんは、キッズビーを満喫できると思います。
ゆったり遊べるキッズビーはおすすめです。
もしよろしければ、ご利用ください。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お出かけ